毛穴の汚れがニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなる

ニキビが出来てしまうと目立ってしまい、人前に出ることが億劫になりますよね。

 

出来てしまったニキビを早く治したい方、ニキビの出来にくい肌にしたい方に、ニキビの知識と正しい対処方法をお教えします。

 

ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビがあります。白ニキビは角栓や皮脂が詰まって、それが透けて見える初期段階のニキビです。黒ニキビは、毛穴に詰まった汚れや皮脂が黒く酸化した状態です。白ニキビと黒ニキビの段階で正しくケアしなければ、炎症した赤ニキビになってしまいます。赤ニキビ状態になってしまうと、完治するのには時間がかかってしまいます。

 

思春期世代に多い「思春期ニキビ」は、皮脂の分泌が過剰になって起きることが主な原因です。そのため、思春期ニキビのケアには、脱脂力の強い洗顔フォームやさっぱりとしたテクスチャーの化粧水・乳液などを使うことが多いです。しかし、既に大人になった方がそのケアをしてしまうと、肌が酷く乾燥してしまいます。肌が乾燥してしまうと、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせてしまいます。

 

 

そうすると毛穴の汚れがニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなり、ニキビが出来てしまうのです。

 

 

こうした「大人ニキビ」のケアは、保湿を十分に行って肌のうるおいを維持するようにしましょう。しかし、オイル配合の化粧品は控えてください。アクネ菌のエサになってしまい、ニキビを繰り返してしまうからです。オイルフリーのアクネコスメを選ぶようにして、肌にたっぷり水分を与えましょう。水分を抱え込む性質を持つセラミド成分が高濃度に配合されているクリーム・美容液を使い、肌にオイル成分を避けながらうるおいを保ちましょう。

 

もしそれでもニキビが出来てしまった場合は、早めに皮膚科へ受診してください。たかがニキビと侮っていると、繰り返しニキビが出来続けてしまいますし、ニキビ跡が色素沈着を起こす場合があります。最悪の場合、ニキビ跡がクレーターのようになり、一生ニキビ跡が残るようになってしまいます。"