アポクリン汗腺から出る汗は雑菌が繁殖しやすい

脇の臭いが強くなってしまうのはアポクリン汗腺から出る汗が原因と言われています。アポクリン汗腺から出る汗は脂質、糖質、タンパク質など多くの成分が含まれているので雑菌が繁殖しやすいです。特に気温が高くて脇が蒸れてしまうと雑菌が繁殖して強烈な臭いが発生してしまうので注意しておく必要があります。

 

脇の臭いは防ぐにはアポクリン汗腺から出る汗の対策をしていかなければいけません。毎日しっかりお風呂に入って脇をしっかり洗い清潔にしておく事が大切なのですが、日常生活の中ででアポクリン汗腺から出る汗を対策する方法は他にもあります。

 

アポクリン汗腺から出る汗をを抑えるにはまず普段食べているものを見直していかなければいけません。食べ物自体がアポクリン汗腺を増やすわけではないのですが、動物性タンパク質や脂質を多く摂取してしまっているとアポクリン汗腺が活発になってしまいます。動物性タンパク質や脂質が多く含まれているのは主に肉類など洋風の食べ物が多いので洋風の食べ物を多く食べている人はワキガになってしまう可能性があるので注意が必要です。タンパク質と摂取する場合は野菜などに多く含まれている植物性タンパク質がいいでしょう。また食べ物と同時にアルコールもアポクリン汗腺を活発にしてしまう事があるので飲酒はなるべく控えた方がいいでしょう。

 

食べ物と同時に汗を掻くという習慣を付けておく事も大切です。汗をほとんど掻かない状態だと粘度が上がるという性質があるので臭いを発生させてしまう事があります。しかも老廃物も体内に溜まっている状態なので体内からも臭ったりしてしまいます。そのため適度に汗を掻いて体内から老廃物を排出させておく事が大切です。適度に汗を掻くには定期的に運動する習慣をつけておくといいでしょう。激しい運動だと体に負荷がかかってしまう事もあるので、誰でも手軽に始める事が出来るウォーキング辺りから始めてみるようにしましょう。